うつ病患者との対話法|周囲の接し方によって症状を緩和できる

症状を理解した言葉を

男の人

うつ病の人が身近にいる場合、その接し方に注意しなければいけません。うつ病の症状はいい言葉を投げかけたつもりでも、それを悪く捉えてしまうところがあり、本人にとっても良くありません。焦らせずに余裕を感じる言葉や態度が、安心感を与えることになるので意識しておきたいことです。

心の病を持つ患者への対処

スーツの男性

うつ病は、意欲がなくなり憂鬱な気分が続き、精神的にも肉体的にも様々な症状があらわれます。ストレスや病気、性格などが引き金となり発症する病気で、女性の場合は更年期障害が原因となったりします。この病気の人との接し方は、激励したり休養を勧めたりせずに理解を持って相手の話を聞くことが大事です。

心が沈んでいる家族のため

カウンセリング

一緒に暮らすために

人間には気分の浮き沈みがあるのは当然のことです。しかし、沈んだ状態が余りにも酷いならば、うつ病という心の病気になっているかもしれません。もしも、一緒に住んでいる家族がうつ病の疑いがあるのならば、早急に精神科がある医療機関につれて行かなければいけません。それは、うつ病は酷くなればなるほど、完治するまでの期間も長くなってしまうからです。うつ病である本人は身動きが取れない状況や病気の疑いを否定していることも多いので、家族がしっかりとサポートをして医療機関まで導いてあげましょう。うつ病の方を医療機関に診察させることができたら一安心ですが、その次に問題となるのが接し方です。これは治療に大きな影響を及ぼすため、きちんと考えた上で接さなければいけません。しかし、うつ病の方と一緒に暮らすという経験が初めてという方は、どういった接し方をすれば良いのか分からなくて当たり前といえます。そのため、少しずつでも勉強をすることでうつ病の方を理解して、過ごしやすい環境を作ってあげましょう。

専門家に従う

うつ病の方への接し方を知るためには、精神科の先生に直接会って説明を受けるのが一番良い方法でしょう。病気の症状をきちんと理解した専門家なら、適切な接し方をハッキリと示してくれます。注意すべき言動やこれから治療方針など色々と説明されるため、疑問があったのならば放置をしないで必ず質問をしましょう。また、精神科がある医療機関なら、うつ病についてのパンフレットなどの冊子が必ずありますので、そちらも読んでおくことをお勧めします。必要な情報がまとめられたパンフレットならば、一緒に医療機関に来ることができなかった他の家族にも読ませることもできるため、大変便利に利用ができます。なお、現在では医療機関以外にも家族のサポートしてくれる様々なコミュニティがあります。そのようなところでは同じような悩みを持つ方にたくさん出会えますので、友人や知人に話しづらいような話題も臆せず相談できます。そのため、周りに相談ができる状況にない方は、コミュニティを利用して気持ちを楽にしてしまいましょう。このようなコミュニティは、医療機関からも紹介してもらえます。気になる方は、医師やスタッフに訪ねてみましょう。

重い心の病とは

女性

うつ病は、外見は異常がないように見える心の病気です。叱咤激励をするのはかえって逆効果になり、病気を理解した上での接し方をしなければなりません。相手の話を理解と共感をもって聞き反論してはいけません。休養も本人の意思に任せたとり方をすることが大切です。

心の病の対処法

女の人

うつ病は、ストレスが原因となって起こる心の病です。身近な人がうつ病になってしまった場合の接し方のポイントとして、励ましの言葉をかけない、相手を責め立てない、ということがあげられます。以上のようなことに注意して、治療の手助けをしていくことが大切です。

言動や行動に十分留意

スーツの男の人

うつ病は現代病として社会問題にもなっています。まじめな人ほどなりやすいうつ病ですが、まず身近にいる家族が異変に気付きます。接し方として励ましたりすることはかえって逆効果になり、自殺など取り返しのつかない状態に追い込んでしまうこともあります。

Copyright © 2016 うつ病患者との対話法|周囲の接し方によって症状を緩和できる All Rights Reserved.