うつ病患者との対話法|周囲の接し方によって症状を緩和できる

重い心の病とは

女性

理解することが大切

うつ病の人は、外見はどこも異常がなく元気そうに見えるのでわかりづらい病気です。重い心の病気なので他人にはなかなか理解されにくいのです。そのため、不用意に叱咤激励をしたりして、かえってそれが逆効果になることが多いのです。うつ病の人は、集中力がなくなり仕事の能率も下がることが多いため、はたから見ると仕事を怠けているようにも見えてしまいます。そんな場合、注意したり説教をすることはうつ病の人を追い詰める結果ともなりかねません。うつ病を発症する人は、仕事熱心で真面目な人が多く、物事を深く考えすぎてしまう傾向にあるからです。うつ病の人への接し方は、まずはこの病気をきちんと理解することが大事です。特に家族は、接し方に注意しなければなりません。普段の何気ない会話でも病気の人にとっては重く受け止めてしまうことがよくあるからです。うつ病は、心療内科などでカウンセリングを受けながら治療をしていきますが、家族もカウンセリングできちんとした接し方を学ぶことが大切です。

聞き上手になる

うつ病の人への接し方は、まずは聞き上手になることです。理解と共感を持って話を聞き、理不尽な点があっても反論しないことです。そして、相手の言葉に惑わされたり動揺することなく冷静に対処します。間違っても患者に怒りや不安な気持ちをぶつけてはいけません。治るには時間のかかる病気ですが焦らずじっくりと対処することが必要です。職場では、仕事の忙しさなどでうつ病の同僚への配慮なども怠りがちになってしまうこともあります。しかし、仕事終わりでの優しい声がけなどで患者の気持ちも随分楽になることもあるのです。職場でのうつ病の人への対策は、会社が率先して行い、従業員にうつ病への知識と理解を深めていくことが大切です。そうすることでうつ病の発症リスクも低くなる可能性もあるのです。うつ病の人に大切なのは休養で、これが心の負担を取り除く最も大切なことです。しかし、無理に旅行やショッピング、観劇などに連れ出しても当人には負担になることが多いのです。あくまで本人の意思に任せた休養を取ることが必要です。

Copyright © 2016 うつ病患者との対話法|周囲の接し方によって症状を緩和できる All Rights Reserved.