うつ病患者との対話法|周囲の接し方によって症状を緩和できる

症状を理解した言葉を

男の人

逆効果になってしまう言葉

家族や親しい人、会社の人がうつ病になってしまったときは、その接し方に気を付けなければいけません。励まそうとしたり、悪いところを注意しようとすると、逆に症状が悪化してしまうおそれがあります。本人のためを思って言ってしまった言葉がどうして逆効果になってしまうのかは、それはうつ病の特徴にあります。うつ病は些細なことでも自分を追い詰めてしまうところがあり、励ます言葉を否定的に捉えるところがあるからです。このことを理解した上で、上手な接し方を心がけていくようにします。うつ病を診る専門病院の医師もアドバイスしていることですが、「頑張れ」「いつ良くなるのか」「心を強く」などの言葉は極力控えるようにします。うつ病の人にとって最大の治療は静養することです。そのため、焦らせる言葉はふさわしくありません。また、うつ病は治療に時間がかかることも多いので、良くなる時期を本人にも聞いても分かりません。そして、心が弱いからうつ病になったと誤解されてしまうこともあるのです。うつ病の人にどういう接し方をしていけばいいのか悩んだとき、気軽にこういった病院で相談することもできます。うつ病の症状をよく理解していれば、その正しい接し方というのが分かってくると思われます。

最適な言葉と見守る姿勢

うつ病の人には、余裕のある言葉をかけていくのが一番です。「心配しているけれど、大丈夫」という言葉が安心感を与えてくれるので、否定的に考えようとはしません。焦らせないことや、こちらにも余裕があるという表現、そしてさりげなく本人を必要とするような言葉をかけていくのがいい接し方です。この場合最適な言葉として、「いつか元気な姿が見たいけれど、今は十分休んでほしい」や「必ず良くなれるから信じよう」などです。こういった言葉には焦らす意味合いもなく、余裕のある雰囲気を感じます。うつ病の人は、相手に対して敏感になっている分、余計な心配をさせない言葉が非常に重要なのです。そして、うつ病だから必要以上に気を使うのもいいとは言えません。逆にそれがうつ病の人の居場所を悪くさせてしまうことになるので、あえて自然な接し方をするのも効果的です。このような接し方を心がけていけば、本人を傷つけることもなく、お互いの関係も良好なままでいられます。そっと見守る形がうつ病の人にはいい効果となっていくので、気を使い過ぎて言葉をたくさんかけるようなことはしなくてもいいです。

Copyright © 2016 うつ病患者との対話法|周囲の接し方によって症状を緩和できる All Rights Reserved.